レベル40台レイドモンスター

「ウォーター コウアトル アテカ」Lv40
シーレンが絶望、呪い、怒りを抱きながら生んだ魔物の中の一つ。神話の時代に女神シーレンについて、神たちとの戦闘に参加したが、戦闘で重症を負い水竜 パプリオンの保護を受けながら隠れ住んで来た。最近繁殖のために世界に姿を現した。パプリオンの手下であり、シーレンの魔物たちが再びこの世を支配する日を待ち望み、準備している。


「グウィンドール」Lv40
女神 シーレンが産んだ魔物の一つ。神々の戦争で重傷を負い地上へと逃げ、数千年もの間隠れ住んだ。タサバ リザードマンの一族を部下として従わせており、シーレンの力が日々強くなって行くのを感じながら、女神が戻る日を待っている。


「水の精霊リアン」Lv40
インナドリルの強い水の気を受けて生まれ、女神 エヴァの愛を受ける水の精霊。好き放題の性格ないたずらっ子で、生まれたての赤ん坊をすり替えたり、夜中に洪水を起こすなど悪質ないたずらに長けている。激しいリアンのいたずらにより、いつか報復されることを恐れたエヴァが彼に守護霊を付けてくれた。


「ロード スカベンジャー リーダー」Lv40
死の回廊を掌握してギラン領地を威嚇している山賊団ロード スカベンジャーの頭。先天的に臆病者のロード スカベンジャー達は、頭もまた同じで、自らを防御できない老いた弱者や護衛兵のいない商人団体などを狙って攻撃する。


「パプリオンの侍従シカ」Lv40
水竜 パプリオンの部下として天地創造の時になった神々との戦争では台風のシカと呼ばれ、数多くの神々の使途を倒した魔物。優れた戦士であるとともに面白い話し手である。現在はパプリオンの命を受けて、世の中を巡りながら、話を伝える任務を受けている。


「ウォーター コウアトル アテカ」Lv40
シーレンが絶望、呪い、怒りを抱きながら産んだ魔物の中の一つ。神話の時代に女神シーレンについて、神達との戦争に参加したが、戦闘で重傷を負い水竜パプリオンの保護を受けながら隠れ住んで来た。最近繁殖のために世界に姿を現した。パプリオンの手下であり、シーレンと魔物達が再びこの世を支配する日を待ち望み、準備している。


「シャーマン キング セル」Lv40
セル オーク族を支配した狂気の族長。ある程度の実力しかないが、自分の能力を過信して、自らをシャーマンキングと呼ぶ。危険な呪術を実験している途中で危険な召喚術に失敗し、その余波で狂ってしまった。部族の故郷を捨てて共に狂ってしまった部下と当てもなく徘徊し、出くわす者全てに攻撃をしかけ殺害する。


「レットの族長タルキン」Lv40
過去数十年もの間、レット リザードマン達を統率してきた族長。高齢にもかかわれず強靭な肉体と優秀な頭脳で生き残ってきた。強力なアデン王国を真っ向から相手にしては自分達の故郷を取り戻すことができないということを悟りチャンスを伺っている最中。迫り来る王国の混乱を利用してレット リザードマンの領土を確保しようと目論んでいる。


「イカルスの実験体1号」Lv40
ハーディンの弟子の中で最も好奇心が強く、いたずら好きなイカルスが実験中に創り上げた生物。現在、生物体の行動と反応を実験するためにイカルスがわざと解き放っており、周りの迷惑になっている。


「嵐のウィザード テレク」Lv40
優れた洞察力と知恵で出るデルーリザードマンを統治するリザードマンの魔術師。ハーデョンに直接教えを受けたという。以前はヒューマンとの平和な共存を望み努力し続けてたが、ヒューマンからの暗黙の敵対心に憤慨し、今では部族の領土に侵入してきた者を皆殺しにする荒々しい存在と化してしまった。


「リタイア スパイダー クレトゥ」Lv42
ベレスの封印以前に、現在の荒地に居住していたクモ。ベレスの封印後、荒地に入り込んだ魔法の力を借りて急成長したアント達の勢力に押され、現在ここから後退。いつかアント達を打ち負かそうと密かに勢力を育て、復讐の時を狙っている。


「大地の守護者パナセン」Lv43
古代からずっとインナドリルの地を守っているクロキアン。ヒューマンとエルフがインナドリルに進出する前から住んでいた原住民のクロキアンで、他の領地とは違った神聖な力がインナドリルにあると信じている。増え続ける大陸のヒューマンを観察し、ヒューマンから先祖の大地を守らなければないとという固い決意を持っている。


「クレイジー メカニック ゴーレム」Lv43
黒の金敷ギルドが血眼になって探してる最新バージョンのメカニックゴーレム。製作に参加したある職人が不注意で設置した不良部品により暴走。工房を破壊し、疾走を阻止しようとした多くのドワーフ職人達を下敷きにして村の外へ脱出した。今でも森の中をあてもなくさ迷いながら、通りがかった旅人を攻撃している。


「シーフ ケルバール」Lv44
猟師の村の組合員ギルドに侵入し、ギルドの象徴である伝説の弓を盗み出したことで有名になったラットマンの盗賊。他のラットマン連中とは違って大胆且つ緻密な計画で猟師の村の多くのハンター達を締め出した実力派。ラットマンの間では伝説的な盗賊だ。


「フレイムストーン ゴーレム」Lv44
古代の象牙の塔のメイジ達が炎の精霊を操るというフレイムストーンに含まれた無限の炎の秘密を明らかにしようと研究していた間に作りだされた副産物。失敗作と見なされて捨てられたが、再び目を覚まし象牙の塔の周辺を飛び交い、数多くの炎の精霊を解放してメイジの悩みの種になっている。


「ドレッド アベンジャー クレイベン」Lv44
愛する人をオルフェンに奪われて復讐の刃を磨いている不死の騎士。若き日の冒険心で胞子の海の遠征隊に恋人と共に参加したが、オルフェンの計略にまきこまれ、恋人を失い1人だけ生き残った。恋人の復讐のために不死身の体を得てオルフェンを探し胞子の海をさ迷っている。


「腐植樹レピロ」Lv44
胞子の海の毒を養分にして育つ怪物。胞子の海の支配者であるオルフェンに使えている。オレフェンの命によりここの侵入する人間を処理する役割を担う。胞子が広がるのを防ぐための結界が正常に動いているかの確認にこの地を訪れた多くの象牙の塔のメイジ達が腐植樹の犠牲になった。


「ティマック オーク捜索隊長」Lv44
同僚を殺した脱走兵ベックを探して、山から降りたタイクオーク捜索隊の隊長。同族の間では逃亡者の後を追うゴロツキと、冷遇されているが自分では同族になくてはならない大変重要な任務と信じ、これに対するプライドが非常に強い。


「パプリオンの手下 イスタリ」Lv45
水竜パプリオンを崇めるクロキアンのシャーマン。族長セベクを補助しながらパプリオンの命令をクロキアン族に伝達する役割を担っている。クロコダイルアイランドのクロコダイルを操る呪術を使う。


「モンスター シリオン」Lv45
シーレンの子供達で強靭な竜達の血を受け継いだ魔物。神々の戦争が終結して帝国の力が勢力を伸ばしている間は静かに地の中で眠っていたが、混沌の時代の到来と共に目を覚まし、猟師の渓谷全般を恐怖で治めている魔物。ハンター組合でも一番手を焼いている頭痛の種。


「ティマック オーク ゴスモグ」Lv45
ティマック オークの戦士を率いる野蛮な英雄。チュルトゥバやラゴスとは違って戦いしか知らない戦士だ。強靭な力を持っており、武器では打ち砕く以外は興味がない根っからの戦い好き。チュルトゥバの理想やラゴスの知恵を理解できない多くのオークから支持を受けている。


「アルコン サセプタ」Lv45
巨人がクルマの塔の防衛のために作り出した総合管理型の人工知能。クルマの塔の守護者である多くの上位のサセプタを指揮して侵入者を攻撃するシステムだ。


「鋼鉄巨人のトーテム」Lv45
悪魔 ベレスが作ったという鋼鉄の巨人。自ら思考する能力を持ち、他のゴーレムを管理するために作られたゴーレム。ベレスの気まぐれで待機状態のまま封印される。永い歳月を経て、その周辺に集まった下級オーク達から偶像崇拝され、今では自分がオーク達の神になったつもりになって行動している。


「猛獣王カルタ」Lv45
勇敢で偉大な猛獣王。獣の姿をしているが、下手に敵には回せないほどの神聖さと勇猛さでシレノスを部下として操っている。本来シーレンが創造した魔物の一人だったが、時と共に知恵をつけると神々を憎むようになり、猛獣王として自分に忠実になろうと努めている。シレノス種族中でも呪術師を部下として従えている。


「シャクラム」Lv45
象牙の塔のメイジ達の実験の犠牲になったシレノス。実験により超自然的な力を得たが姿が怪奇に変形され、同族に戻ることができなくなった。シャクラムはオーレン北部の山道が険しくて人々の人影が少ない南部の渓谷に住居と移して隠居した。人々の前に姿を現すのを極度に嫌い、また同族と会うのと避けて、自分をこんな姿にした象牙の塔のメイジ達を憎んでいる。


「蒼空のビコン」Lv45
あまりにも優れた才能に嫉妬されて封印されたエルモアデンの天才魔術師サルテュンのペット。サルテュンのペットだけあって秀でた知能を持ち、度を越えたいたずら好きで、多数を部下を従えて田舎道を荒廃化させている。


「ネクロセンティネル近衛兵」Lv47
エルモアデンを皇帝の命により地竜の監視者の指揮下からアンタラスの封印を守るために配置された不死の戦士。しかし一帯に猛威とふるう黒魔法の影響で見張り役の指揮から抜け出して、ドラゴンバレーに近づく全ての者を攻撃する残酷なモンスターに変わった。


「バリオン」Lv47
将軍カルトの命令で傲慢の塔を調べている調査隊の指揮官でありエルモアデンの騎士。将軍と同様に不死の体を持つ。将軍カルトの右腕として彼の命令ならば死をも厭わない勇猛な騎士。悪魔ラーハから秘密の力を与えられ、彼の警告で調査隊に参加したティラックを牽制し監視している。


「オルフェンの召使い」Lv48
アクラネのオルフェンの従うリバ。胞子の海に生きるかのモンスターとは違い、優れた知能を持っており魔法に関する知識にも通じている。オルフェンの命令により胞子の広がりをしている阻止している象牙の塔の結界の盲点を探している。


「ギング タルク」Lv48
人間では得られない未知の知識に対する欲求に耐えきれず、地竜 アンタラスを単独で訪ねて行き、竜から魔法を習おうとした愚か者。アンタラスが自分の眠りを邪魔した罪で怪物に変えてしまう。醜く変わった自分の姿を嘆き、全ての美しき物に対する憎しみを抱き、口ではアンタラスを呪うが地竜を恐れて隠れて暮らしている。


「忘却の鏡」Lv49
鏡の中に映った者の霊魂を奪っていくという悪魔の鏡。地獄の君主達がグランカインに捧げるために霊魂を集めるために作ったという。鏡の森の奥深くに隠されており、数多くの旅行者達がこの鏡に霊魂を奪い取られた。


「カルト」Lv49
悪魔カーノンとの契約で不死の体を得たエルモアデンの将軍。強い意志を持つ彼は傲慢の塔の建設に反対し、そのおかげでアインハザードの怒りを買わずに無事にいることができた。しかし君主と国を失った虚脱感に苦しみ、君主を裏切って自分達の王国を建設した現世人を軽蔑する。帝国の忠実な臣下として再び皇帝を迎え、彼を補佐することを念頭としている。


「カトゥ ヴァン リーダー アトゥイ」Lv49
エルモア王国のゴダード領地を本拠地とする強力なケトラー オーク族の先鋒対の指揮官。彼らの勢力を南側にアデン王国へ拡張するために派遣された。ヒューマンはもちろんシレノス族に憎悪を抱いており、ケトラー オークが最も優秀な種族だと信じている。