レベル80台レイドモンスター

「アナキム」 Lv80
聖化の炎。アインハザードの伝令と呼ばれ、シーレンの子供たちの危機を乗り越えるために初代皇帝シュナイマンの前に現れたエンジェル。地上に降臨して光の首長として、ネフィリムたちを率いてリリスが率いるリリムを倒すためにネクロポリスに飛び込んでリリスと一緒に封印される。美しく、限りない純粋な少女の姿をしており、リリスの宿敵だ。


「スパイク スタッカート クイーン」 Lv80
スタッカート シリーズの中で最も上位にいるスパイク スタッカートを指揮して繁殖するスパイク スタッカート クイーンだ。自分の寿命が尽きるのを感じ、非常に低確率で成体に育つスタッカートクイーンを成長させるためにスタッカートの巣で努力中だ。今はかなり勢力が弱まったスタッカート シリーズの復興を夢見ながら、力を育てている。(セカンドサルーンplusよりLv84レオドの「スパイク スカッタート クイーン シャイド」へ変更。)


「バルカの英雄 シャディス」Lv80
大賢者でありバルカシレノスの希望と呼ばれる呪術師。バルカシレノス達の未来がゴダードの地にあると予言し、族長であるホルスを説得してシレノスをゴダードの地に連れて来た人物でもある。強力なケトラーオークに対抗して、老体をかえりみず司令官モスを助けるために直接戦線にでた。


「ケトラーの英雄 ヘカトン」Lv80
司令官タイールの右腕で数多くのケトラーオークファイターたちの尊敬を一身に集めるオークの勇士。デバイダーという大型の斧を使って、数多くのシレノスの命を奪い取った恐怖の元凶。シレンスが司令官タイールよりも恐れる相手である。


リリス」Lv80
闇の聖母と呼ばれシーレンの復活を待ち望むネクロポリスの主人。水の女神シーレンを崇めた上巨人のオラクルだったが、シーレンの堕落以後に死の世界を作り、身を守るために逃げ込んだ際に、彼女の復活を準備しろと命を受けて地上に残った。新しい肉体をもらいヒューマンとエルフたちを密かに扇動して、数多くの戦争を起し、その戦いで戦死した者たちを蘇らせるなご、シーレンの復活させるためなら手段を厭わないシーレンの従順な部下。


「ダルネルス」Lv81
キエチを慕う拷問官で、べレスが支持する悪行の限りを一気に引き受け遂行する残忍な女性。悪魔の看守長の座を狙うキエチの野望を知ってからは、一層邪悪と化した。


「キエチ」Lv82
宝石の在り処の悪魔の看守のナンバーツー、バーラーがべレスに選ばれて看守長になっていなかったら、キエチが宝石の在り処の悪魔の看守長になっていただろう。べレスに選んでもらえなかったことを逆恨みしてバーラーを忌み嫌っている。


「ゴルゴロス」Lv82
アインハザードの怒りを避けて逃げた巨人たちが神々の追跡者を退治するためにフローティングアイをもっとに改良した生命体。一時は巨人たちのコントロールから離れて、彼らと戦ったこともあったが、ヘカトンプライムの精神支配を受けるようになった今では再び巨人たちを守っている。


「ジャイアント マルパナック」Lv82
象牙の塔のメイジが巨人の姿に似せて作った兵器。自らを巨人だと信じ込んでいます。ヘカトンプライムに操られて、巨人の要塞だった洞窟を守っています。


「最後の下巨人 ユテヌス」Lv83
巨人たちの洞窟の奥深くに隠れている最後の下巨人。見た目は他のレッサージャイアントと違わないが、彼の頭の中には古代下巨人の文明の秘密が詰まっており、これを守っています。今ではヘカトンプライムに支配されています。


「バーラー」Lv83
宝石の在り処を守る看守長。べレスから宝石の在り処を守る任務を言い渡された。悪魔の看守の中でも力持ちで丈夫だという理由で選ばれた。現在はこの島の悪魔たちを代表して、牢獄に飛び込められたパルメを監視する役を担っている。


「ハリベル」Lv83
ヘルバウンドの古代の祭祀長の霊魂。神と交感していた清らかな魂は消え、べレスに対する憎しみだけを抱いている。


「ディアーズ」Lv83
本来はパプリオンの命令を受けてパルメに仕える侍女であったが、べレスが蒔いた悪魔の種により精神を支配されている状態。


「スパイク スカッタート クイーン シャイド」Lv84
スパイクスカッタートを指揮して、繁殖するスパイクスカッタートのクイーン。自らの寿命を悟り、巣を整備して次の代のクイーンが育つにいい環境を作ろうとしています。


「タイフーン」Lv84
自然の霊が豊かであった古代のヘルバウンドを巡っていた風。ヘルバウンドの異常現象に加え、異界より出てきた悪魔たちから長い間影響を受けて自らの意志を持つようになった。


「バルカの司令官 モス」Lv84
ケトラーオークとの終わりなき戦争を率いているバルカシレノスの司令官。バルカシレノス達が行った数多くの戦闘を支え、緻密な準備と計画によって勝利へと導いた知将だ。タイールの予測が困難な猪突な戦術に苦戦している。


「マッスル ボンバー」Lv84
悪魔マルックが上級悪魔とドラゴンを掛けあわせて作ったモンスター。それだけあって、両方の長所を持ち合わせいます。マルックは自らの作ったこの優れた被造物をアンタラスに捧げました。アンタラスはマッスル ボンバーに自ら血を与えた上で、渓谷の監視者に任命しました。


「ケトラーの司令官 タイール」Lv84


「アンバー」Lv85
ヴァラカスの猟犬。ヴァラカスが自分の眠る間、領地に無断で侵入したり、部下を手にかける恐れ知らずの者を懲罰するために自分の姿に似せ溶岩と溶かして作り出した怪物だ。


「デュークデビル」Lv85
ダリオンの命により、空間の塔を守っている悪魔たちのリーダー。魔界でも貴族に属する高位の悪魔だ。


「ラヌク」Lv85
ダリオンと共にべレスとの契約により呼び出された悪魔。契約内容はべレスの本土進攻に関することだと言うが。


「ウルカ」Lv86
エルクロッキーの族長ムシカの弟。凶暴な性質を持つ野心家として有名。彼は現在、族長を追い出そうとする反対勢力のリーダーであり、彼が兄と対立することになった理由は幼い時、すべての面において自分よりも優れていた兄に対する劣等感が原因だと言われている。


「エピドス」Lv87
ナイアの塔に地下に閉じ込めらていた多くのヘルバウンドの元素精霊たちが、ベレスの魔法とコアナイアの影響を受けて変化したもの。形状や精神は崩壊寸前の不安定なモンスターだが、自然霊としてのかすかな記憶は残ってる。


「ベレス」Lv87
人類が生んだ最も優れた魔術師であり、歴史が生んだ最悪の悪魔。悪魔軍を率いて一時期はエルモアデンに挑んだこともあったが、荒地で象牙の塔の魔術師たちに敗れ封印される。それから力を蓄え脱出に成功。ヘルバウンド島でタブーを侵し、神々ですら知りえない未知の力を手に入れた。彼の目論見や野望を知る者は誰もいない。


「ゴードン」Lv87
いつの頃からかゴダード城を徘徊する騎士。見た目はヒューマンのように見えるが、実際には悪魔だ。自分の力を増幅させるための何を探すために地上に降り立った。それは、地上で最も強力と称される武器だ。


「光輝の支配者 アナイス」Lv87
ヒューマンの形をしているが、アインハザードと直接交換しながら、聖杯を守護する高位天使。傲慢の塔で発見された古代宗教の文献により、沈黙の修道院のどこかに聖杯が隠されているかもしれないという手がかりが発見された後、邪教の神殿の輩によって、数多くの聖杯争奪戦が繰り広げられたが、その誰もが光輝の支配者の審判を避けられなかった。


「サイレン」Lv87
太古の島に居住する巨大恐竜。サイレンはシーレンが太古の島へ移住させ管理していた当時、最も凶悪な恐竜だと評された。其の後この巨大恐竜はシーレンと古代のエルクロッキー戦士たちによって失われた巣の内部に封印されているという。


「バルカの族長 ホルス」Lv87
強力な傭兵民族であるバルカシレノスの若い族長。モスとシャディスの補佐を受けながらバルカ一族を率いている。彼と一騎打ちをしてかなうものはいないという程優れた剣士だ。


「ケトラーの族長 ブラッキ」Lv87
炎の精霊 アストロンの力を借りて自分の体を獣人化させたケトラー オークの勇猛な族長。強力な力と暴力のみでケトラー オーク族を統率している。戦場で部下達はむしろ足手まといだと言って単独で敵をなぎ倒すのを楽しむ。バルカの族長 ホルスと何度か勝負を競ったが打ち負かせなかった。


「水の精霊アシュタール」Lv87
バルカシレノスの魂の引導者ウダン マルドゥイが召還した水の霊魂。気まぐれながらも平穏な指向をもった水の精霊。魂の引導者に力を与えている力の源泉だ。


「炎の精霊 ナストロン」Lv87
ケトラー オークの魂の引導者アセファが呼び出した炎の霊魂。乱暴で、暴力的な指向が強く、周辺の全てを焼く尽くそうとする精霊。ケトラーの族長 ブラッキに野獣の力を与え、アセファが呪術の力の源泉だ。


「漆黒の女王」Lv88
大陸のシーレンの追従者。シーレンの痕跡を追って魔物の祭壇まで来た。バンシークイーンの変形体である。


「ドーバゲン」Lv89
イスティナの多くの被造物の一つ。種族となしていコクラコンのヘッド。種族内では飛び抜けて優れた知能を持っています。ビスタコン、レプティリコン種族と敵対関係にありますが、パワーバランスは保たれている状態です。


「トルンバ」Lv89
イスティナの多くの被造物の一つ。種族となしていレプティリコンのヘッド。圧倒的な防御能力を誇るが、トレイカンには弱いところがあります。コクラコン、ビスタコン種族と敵対関係にありますが、パワーバランスは保たれている状態です。


「ビスタコン」Lv89
イスティナの多くの被造物の一つ。種族となしているビスタコンのヘッド。強靭な身体能力、特に腕力でヘッドの地位に登りつめました。コクラコン、レプティリコン種族と敵対関係にありますが、パワーバランスは保たれている状態です。