支柱を立てる

野菜を苗を植えてから無事に成長しています。苗は35cmぐらいに育ってます。これ以上背が高くなるのと支柱が必要になるので今朝は支柱の設定しました。茄子、トマト、ピーマンは支柱の沿え方が同じのようです。苗の幹の近く1本支柱を沿え、苗を囲むように3本の支柱で合掌型の組みます。3本の支柱が交わる箇所がちょうど苗の上に位置する格好にしました。この3本の支柱で枝を支えるという仕掛けです。これらの野菜の苗への支柱立ては簡単でしたが、胡瓜はご存知の通り蔓植物のため支柱を立てるのが大変です。高い支柱を立てるのは苦労ですが、高い位置の胡瓜を収穫するのも大変です。胡瓜はある程度成長したら切らないといけないかもです。胡瓜の苗を植えてある畝の四方に支柱を立て、それらの支柱の上方にまた支柱を横に渡して、箱のような形にします。近所から頂いた網を箱の上から被せるような格好にしました。胡瓜の苗が伸びてきたらその網に固定するという仕掛けです。