血盟戦の日常とは

血盟戦を宣告されてから数日が経ちました。血盟戦を経験する人も少ないと思うので、事情が許す限り状況を記載していきます。
今日はクラメンと狩りに出掛けました。午前はクラメン5人とシレノスへ、午後はsttelaさん/馬使いと私/シリエルのペアで温泉へ。その温泉での狩り中にAGITOS氏/シルレンに突然襲われました。回りに気を配っているつもりでしたが、攻撃されるまで気付かなかった間抜けな私。祝帰還のおかげで幸い無事でしたけど残りHPが46とか...。Mobからの攻撃でもう少しHPが減っていたら危なかったです。
私も血盟戦を初体験なのでまだまだ情報不足です。しかし多少は判ったことは血盟戦では先制攻撃が有利です、正確には先に敵を見つけたPCが有利ですね。大抵の場合、敵に先に見つけられると既に攻撃を受けている状態ですから。敵に先制攻撃された場合、対応策を予め考えておかないと。襲撃された時の自分の職によるけど、SKなら反撃可能かもしれません、しかしシリエルの時だと逃げるという選択肢だけですね。
結局のところ血盟戦は仕様に大きな欠陥があります。血盟戦の終結条件を定められていない点です。このあたりは仕様を改善して貰いたいですね。
現在のところ個人的には積極的に敵を探したりPKしたりする気はないです。しかしクラメンを含め襲撃されれば出来る限り反撃しますよ!!



シリエンテンプラー:Lv77/ゴーストセンティネル:Lv76/シリエンエルダー:Lv67