動画のコーデック

前回は動画の録画方法でした。今期はフリーソフト「XMedia Recode」を使用して、録画した動画をコーデックする方法です。FRAPSの録画形式はavi形式です。そこでXMedia Recodeを使用してwmv等に変換したり、圧縮したりすることが出来ます。私はこのソフトを使用してavi形式のまま圧縮してます。このソフトは日本語化されているので、設定や捜査方法はわかりやすいと思います。


初期画面です。

  • 一般のプロファイルはカスタムでOKです。モバイル用の映像をコーデックする場合はここで各社メーカーを選択することも可能です。形式はavi、wmv、FLV等あります。
  • 左上にある「ファイルを開く」から動画を登録します。

f:id:nepyus:20100610142205j:image

  • 動画を登録すると、ファイル名が表示されます。
  • ビデオコーディック:MPEG-4、音声トラック:MP3、音声トラック:MP3でOKだと思います。ここで設定を変更することも可能です。
  • 出力ストリーム形式も用途に合せて選択できます。通常はビデオ+音声でOKでしょ

f:id:nepyus:20100610142206j:image

  • 「リストに追加」をクリックすると、出力という別画面が表示されます。
  • この画面では、出力先を指定するだけです。指定後OKをクリックだけ。

f:id:nepyus:20100610142207j:image

  • エンコードをクリックすれば、コーディック処理が始まります。

f:id:nepyus:20100610142208j:image


次回は、出力したavi形式の動画ファイルをWidowsムービーメーカーで読み取れる設定を記載します。