動画の編集と公開

動画の作成方法も今回で3回目です。
XMedia Recodeでコーディックしたavi形式の動画をWindowsムービーメーカーで読み取れるようするために、フリーソフトの「ffdshow」のをインストールします。これはインストールするだけでOK。
また、XMedia Recodeでavi形式ではなく、wmv形式で出力するのであれば、ffdshowをインストールする必要はありません。
ffdshowをインストール後、Windowsムービーメーカーの設定を確認します。ツール>オプション>互換性のタブをクリックします。「ffdshow Audio Decoder」と「ffdshow Video Decoder」がチェックされていることを確認します。もしチェックが入っていないならチェックをし、OKをクリックです。(画像ではパス欄を消しています)


f:id:nepyus:20100610173001j:image


画像の編集です。
OS付属のWindowsムービーメーカーを使用してBGMを挿入したり、切り替え効果、特殊効果をつけます。Windowsムービーメーカーの左側に各種機能がカテゴリ分けされいるので、判りやすいと思います。Windowsムービーメーカーで保存した場合の形式はwmvです。私のレベルでは、Windowsムービーメーカーで今のところ十分です。もっと凝った動画を作りたいと思ったなら、他のフリーソフト等を探すかもしれませんけど。あまり時間も掛けたくないので、今はこんなもんかな。


補足ですが、XMedia Recodeを使いwmv形式で出力すれば、工数が削減できます。私も今後は工数を減らします。私は初めての動画作成でしたので、こんな手順になってしまいました。
現在の録画方法は、リネを起動しながらFRAPSで録画しています。他の方法もあります。HDD容量に余裕がある場合、リネのクライアントソフトの録画機能から録画する方法です。録画後、リネのログイン画面にある「リプレイ」から再生します。この再生動画をFRAPSで録画し編集します。この方法なら、撮り損ねることが少なくなるし、取り込みたい映像をじっくりと選択できます。また録画時にチャット欄を非表示にする手間もありません。私はHDDの空き量量が少ないのでこの方法を取っていません。しかし1つ欠点があります。リプレイ画像を再生するためには、ログイン画面でしかできません。そのためリネを一度ログアウトする手間があります。どっちの方法も一長一短です。


動画の公開について。
私は動画をブログに貼り付けて、紹介することを考えていました。はてなダイヤリーではYouTubeGoogle VideoAmeba Visionニコニコ動画の4つをはめ込むことができます。Google VideoAmeba Visionは使用経験がないのでパス。ニコニコ動画も考えましたが、文字を書き込みされたくないし、ニコニコ動画のIDを所持していないと動画を見れない点もあり、これもパス。消去法でYouTubeを選択しました。
YouTubeは、世界中で気軽に視聴できる、一方1つの動画再生時間が10分まで、そして動画の画質が多少荒くなります。10分は短いように感じますが、動画を作成して判ったのですが、10分は長い時間です。画質の荒さが気になった点ですが、個人レベルで作成しているため、YouTubeの画面サイズなら十分な画質を保っていると思います。


長々と書いてきましたが、動画作成は思っていたよりも敷居が低かった。SSと動画のメリット/デメリットはそれぞれあります。使い分けが大事かも。